3年目での看護師転職、注意点は?



「3年目」というのは何かと節目になるものですが、看護師の仕事でも3年目で転職を考え始める方が多いといいます。これには、3年という経験がもたらす慣れや期待、不安といった感情が関係しているのではないでしょうか。

同じ「転職の検討」でも、その理由は様々です。3年目の看護師によくみられる転職理由や、3年目での転職は有利なのかどうか、メリット・デメリットも踏まえて、転職での注意点までを押さえておきましょう。


3年目看護師の転職理由


どうして3年目に転職を考えるのか

3年目の看護師は、今の仕事に慣れてきてさらなるキャリアアップがしたくなったり、看護師としての将来について考え始める時期です。

また、一人前と見られることで先輩看護師からの指導や叱責が多くなったり、後輩の面倒も見なければならないといった「板ばさみ」の状態になる時期でもあります。

ベテラン看護師が多い病院にいると「3年で辞めるなんて早すぎるのかも」と思ってしまうかもしれませんが、臨床3年という経験があれば、よほど転職回数が頻繁でない限り、選考で勤続年数が不利に働くということはありません。

具体的な転職理由は・・・?

3年目看護師の転職理由として多いのは、「スキルアップ・キャリアアップのため」「他診療科、医療分野に携わりたい」といった前向きな理由、「結婚、出産、引越しのため」といったプライベートな理由のほか、「人間関係が悪い(対上司、同僚、後輩、ドクター、患者さん)」「給与、シフトなどの待遇が悪い」「体調を崩した」といったものが見られます。

給与額についてですが、3年目の看護師に特化して調査したデータを見てみると、平均月収は約32万円、年収にして460万円あまりです。地域や業種、施設規模でも傾向が違うので一概には言えませんが、収入面が気になる方は参考にしてみてください。


3年目看護師の転職は有利?


3年目看護師の強みとは

即戦力で低コストの人材

看護師の募集要項では「臨床経験3年位以上」というコメントがよく見られます。採用側から「3年間勤めていればある程度の知識とスキルが身についている」と考えられているということです。

コスト面では、3年目の看護師はベテラン看護師に比べ人件費が抑えられ、新人のような研修コストも必要ないことから、魅力的な人材となるのです。

成長への期待

ひとつの職場を続けるほどスキルは上がっていきますが、同時に新鮮味がなくなり、頭が固くなってしまいがちです。3年という年数は、それほど考えが凝り固まっているということもなく、新しい職場にも対応していける柔軟性や、成長の伸びしろが期待されるタイミングといえます。

3年目で転職するメリット

企業側にとって「欲しい人材」であるために、給与額やシフト条件など、勤務条件の交渉ができる可能性があります。1年目、2年目であればはねつけられるような希望でも、3年目の実績があれば多少強気な希望も受け入れられるかもしれません。

ひとつの職場に長く在籍すると、責任ある仕事を任せられるようになるなど転職のタイミングを取りづらくなります。そうなる前の「3年目」は、転職に向いたタイミングといえます。

3年目で転職するデメリット

経験を買われるということは、その一方で「教育は必要ない」とみなされるということです。看護のしかたや方針、器材などが前職とは違っていても、十分に教えてもらえないことはデメリットといえます。

経験者としての能力を期待される分、ミスをした際には新人よりも厳しく叱責されると感じられるかもしれません。

また、ベテラン看護師ほどの給与アップは期待できず前職とほとんど変わらなかったり、手当の状況によって収入が減少するケースも見られます。仕事では多くを求められるのに、収入は抑えられる状況はデメリットとなり、ストレスになることもあるでしょう。


3年目での看護師転職ではここに注意!


なんとなくの転職ではなく目的をもって

人の生死に関わり、精神的にも体力的にもハードなことが多い看護師では、転職は珍しいことではありません。

スタッフの出入りが多い職場にいると「自分も3年目だしそろそろ転職の時期なのだろうか」と考えたり、先輩看護師から「長くいる職場じゃないよ」といった声を掛けられたという体験談もあります。


しかし明確な理由なく、「なんとなく」「誰かに言われたから」と転職をしてしまうと必ず後悔する、という助言は多いようです。

明確な目標がないと、転職先のささいな規則や人間関係が気になってしまったり、何かあったときに引き留めるものがなく、そのまま転職を繰り返してしまうパターンが多いといいます。


3年目の看護師転職は決して悪いことではありませんが、その後も短い期間で転職を繰り返していれば、「長続きしない人」と受け取られ、不利になってしまいます。「どうしても」という理由がなければ、3年目であっても転職をする必要はないのです。

人間関係を理由にした転職であっても、例えば「この診療科で働いてみたい」「もう少しお給料を上げたい」「通勤時間を減らしたい」といった何らかの目標をもって転職を検討しましょう。


目的に適った転職先を選ぶことで、そこに留まる理由が出来、転職先で何かしらを身につけてキャリアを伸ばしていくことができます。

自分の能力に合った求人を選ぶ



1年目、2年目の看護師とは違い、3年目の看護師は経験者と見なされます。そうはいっても、3年間で身につけられる知識やスキルは個人によって、また環境によって様々ですよね。

経験者として採用されその期待に応えようと頑張り過ぎてしまうと、自分の能力と病院側が期待する能力とのギャップが、お互いにとってストレスになってしまうことがあります。


その結果、上司から過剰に叱られて「自分は役に立たない」と思い込んでしまい悩んでいる、という体験談が見られます。

3年目の転職では、自分のスキルはどれだけなのかを改めて見極め、求められている能力に応えられるかどうかを考えるようにしましょう。面接時などにしっかり伝えていくことで、先のようなミスマッチを避けることができます。

転職サイトを利用してみる

転職の目的に適った求人かどうか、また求人先で求められる能力のレベルについて知りたい、と思っても、ひとつひとつの求人について自分でそこまで調べるのは大変です。しかも多くの場合は働きながら転職活動を行うことになり、時間的に制約されます。

看護師専門の転職サイトを利用すると、空いた時間に求人を確認したり、希望に合う情報探しをエージェントに任せることができます。


エージェントに「3年目でこんな経験を積んでいる」と伝えておくことで、能力に合った求人をピックアップしてもらうことが可能ですし、転職先がどんな環境なのか、採用者には聞きづらいような情報も教えてもらうことができます。

看護師3年目は、仕事に慣れる反面、仕事に対する過信やおごりが出てきやすい時期でもあります。ミスを環境のせいにするだけでなく、初心にかえって自分がなりたかったのはどんな看護師か、見つめなおしてみる機会としてみてください。そのなかで、転職先に求めるものが見えてくるかもしれません。

<3年目での看護師転職、注意点は?・まとめ>

  • 上司と後輩の板ばさみになったりキャリアアップ希望で転職を考える
  • 人間関係や給与の低さが理由になることも多い
  • 低コストで採用でき成長が期待でき、転職しやすいタイミング
  • 経験者としての仕事を求められるのに収入はそれほど上がらない
  • なんとなく転職するのでなく具体的な目的をつくる
  • 自分の能力と求められる能力が合致しているかどうか


看護師の転職サイト、おすすめは?

看護roo!
※九州・四国はサービス対象外です

 無料登録はコチラ



マイナビ看護師

 無料登録はコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です