看護師の転職体験談(22):コールセンターから有料老人ホームへの転職


(写真はイメージです)

(北海道・30代・女性)

転職前はどんな仕事をしていたか

派遣社員としてコールセンターに勤務していました。医療相談など医療系のコールセンターではなく、看護業務とは全く違う某衛星放送のオペレーターとして契約変更などを行う顧客対応の受信業務を行っていました。

コールセンターで働く前は医療施設や老人施設で准看護師として12年ほど勤務をしていました。

准看護師として働かずに畑違いのコールセンターで働いていた理由は、最後に勤務していた老人施設で実質的な課長代理業務を行うことになり、上司とスタッフの意見の食い違い等の板挟みになってしまったことが原因です。


主任はいましたが「介護福祉士の資格はあるけど、看護のことはよく分からないから業務に関係することは任せたい」と看護部長を交えて話をされ、課長が復帰するまでの間だし主任に協力をする形であればできるだろうと安易な考えから了承したことが始まりでした。


しかし、施設側が求める理想と現場でできる現実の食い違いの間でバランスをとることが難しい問題となり私の処理能力では対処が困難になっていったことで精神的に疲れて次第にうつ状態のようになっていってしまいました。

スタッフとの仲は良く老人施設で働くことも好きだったので半年ほど休職をして仕事に復帰するつもりでいたのですが、体調が思った以上に悪く休職中に悩んで考えた結果、退職して暫く看護の世界からも離れることにしました。

このような経緯で体調が元に戻り働ける状態になった時に自分の都合で働きやすい派遣会社に登録し派遣社員としてコールセンターに2年程勤務をしていました。

<関連記事>
介護施設への転職の注意点は?


なぜ転職しようと思ったか

看護の仕事しか経験のなかった私にとってコールセンターでの仕事は新鮮で、仕事を覚えるのもお客様とのやり取りも楽しいものでした。また仕事仲間も色々な人がいて、私のように専門職で働いていたという人も結構いました。

給料面でも週4日働いて16万円程度はもらえていたので、デスクワークで体力面や精神面での疲労を考えると特に不満のない金額でした。コールセンターで働きだして2年近くたった頃に派遣社員ではなく正社員として入社し、ゆくゆくはオペレーターの上司にあたるスーパーバイザーを目指してみないかと話がありました。

この時に、看護の仕事に戻るか看護とは無縁の仕事を続けていくのかと選択に迫られたのですが、私が出した答えは看護の仕事に戻ることでした。


なぜ一度離れた看護の仕事に戻ろうと思ったのかといいますと、全く違う職種で働いてみて分かったのですが職場で具合が悪そうな人がいたり、駅で貧血を起こして倒れている人がいたりする場面に遭遇すると必ずと言っていいほど状態の予測や対応などが頭に浮かんできていました。


自分ならこう対処するなとか、この状況だったらこんな風にしたほうがいいなと無意識で考えてしまっていたのです。コールセンターでの仕事も楽しかったのですが、私は看護の仕事が好きだったと違う職種を経験したことから分かりました。

そして、コールセンターの正社員の話を辞退し派遣期間満期で辞めて看護の仕事に戻ろうと転職をすることにしました。

<関連記事>
私が看護師を辞めない理由


どんな転職活動をしたか

派遣期間満期で終了するまでに2カ月近くあったので、それまでに転職先を決めようと思いハローワークで求人情報をみたりネットで求人情報を調べたりしていたのですが、なかなかいいと思える仕事がありませんでした。

そこで、看護師専門の派遣会社に登録をして自分の条件に合う案件を紹介してもらうことにしました。

准看護師として最後に働いていた職場が老人施設だったので老人施設を紹介してほしいと希望を伝えると、1週間もしないうちに数件の案件を提示してくれました。特養や老健のほうが多かったのですが、その中で私が選んだのは有料老人ホームでした。


派遣看護師として働くため、どこで働いても時給に変わりはなかったので私は経験したことのない分野で働いてみようと思い、有料老人ホームを選びました。早速、面接日を決めてもらい派遣会社の担当者とともに面接に出向きました。

面接では施設長が対応され、履歴書をもとに今までの経歴を質問されたことと就業可能日を聞かれて終了となりました。派遣会社を通して准看護師として働くのは初めてだったのですが、採用可否を決定するための面接というよりは顔合わせのような感じでした。


派遣先の施設でも事前に派遣会社担当者より、どのような人材が派遣されてくるのかと情報を提供されているため、必要とする人材でなければ事前に断られることもあるので面接は派遣会社担当者を含めた顔合わせのような感じで大丈夫なのだと思いました。


今回は看護師専門派遣会社を利用しての転職活動を行ったので、自分の希望する条件を担当者に話をして一致するような案件を紹介してもらい派遣看護師として就業するという形であったため、スムーズに就業先の職場を見つけることができました。

私が派遣会社に提示した希望条件は自宅からの通勤距離がなるべく近いこと・週4日程度の勤務でも可能なところ・シフト対応が柔軟なところという3点でした。紹介された案件ほぼ全てが条件にかなり近い案件ばかりでした。


自分で転職活動を行うよりも派遣会社のほうが多くの求人情報をリサーチしていてハローワークにはない求人情報もあるので転職先として候補に挙げる求人の幅が広がったので、派遣会社に登録して派遣看護師として働くことを選択して良かったと思います。

結果としてはコールセンターを退職する日よりも前に次の転職先を見つけることができ、退職日まで安心して仕事をすることができました。

<関連記事>
有料老人ホームへの転職の注意点は?


転職後の職場の様子、感想

入所者は車椅子の方もいらっしゃいましたが、ほとんどが歩行可能な方でした。看護の役割としては入所者の健康管理がメインです。有料老人ホームは在宅と同じような感覚で入所者は1DKの個室で一人暮らしをされています。

そこで、入所者の方の訴えを聞いて対応をしたり、食後薬の与薬をしたりという仕事内容でした。仕事内容がハードではなかったので、体力的にも精神的にも穏やかな気持ちで働くことができる職場でした。看護スタッフ2~3人、介護スタッフ10人程度の小規模の有料老人ホームだったので、スタッフともすぐに打ち解けることができました。


また、久しぶりに准看護師として働くため感覚が鈍っている所もあり不安でしたが、スタッフ間の連携がよくカバーしてくれたので、安心して働くことができました。今回の転職先として小規模の有料老人ホームを選んで良かったと思います。

入所者の方とも打ち解けることができて、1時間ほど世間話をすることもよくあります。コールセンターで働いていた時も楽しかったのですが、2年ぶりに准看護師として復帰してみて看護の世界の楽しさを実感することができました。


私の勤務条件についてですが、こちらの職場には正社員としての直雇用ではなく、派遣会社からの派遣スタッフとして就業しており、時給は准看護師で2000円と高額です。9~18時までの日勤のみで週4日働き、夜勤やオンコール対応はありません。

月収は月に25~29万円程度となり、雇用形態が派遣のため福利厚生はありません。国民健康保険に自分で加入し、国民年金も自分で支払う形となっています。派遣会社から給料が支払われるのですが、総支給額より所得税のみ差し引かれます。住民税や市民税については市役所より年間分の請求がくるようになり、自分で支払うことになります。

転職活動を通じて感じたこと、学んだこと、これから転職する人へのアドバイス

今回はコールセンターから看護職への復帰をしたのですが、ブランクがある分とても不安がある中での転職活動となりました。看護師専門派遣会社に登録をして就業先を紹介してもらったのですが、担当者の方が親身になって相談にのってくれたこともありスムーズに看護職への復帰ができて良かったと思います。

今回の転職活動ではブランクが長いため転職先がみつかるのか自信もないし不安の連続でしたが、即戦力にはならなくてもそれでも働いてほしいという職場は沢山あるということが分かりました。

これから転職活動をする方の中には、私のようにブランクがあって復帰を考えている方もいらっしゃると思います。ブランクがあると自信もないし不安もあると思いますが、雇用する側もブランクがあると分かっての採用をされるので、周囲のスタッフも勘を取り戻して働けるようになるまで支援はしてくれると思います。


ハローワークなどを利用して直接雇用をされた場合の試用期間は大体3ヶ月ですが、試用期間の間に職場環境が合わないと思ってもなかなか辞めたいと言い出しにくいですよね。

しかし、派遣看護師として働く場合は万が一職場が合わず別のところで働きたいと思った時には派遣会社の担当者より話をしてくれるため、なかなか言い出せなくてストレスをためながら働くということがないのが一つのメリットだと思います。

なので、今回の私のようにブランクがあって看護職に復帰する場合は、派遣会社に登録をして就業先を紹介してもらうということも一つの選択肢として考えてみるといいかもしれません。派遣先の職場が気に入れば、派遣期間終了後に直接雇用をしてもらうことも可能なので、派遣看護師として色々な職場を経験してみるのもいいと思います。



看護師の転職サイト、おすすめは?

看護roo!
※九州・四国はサービス対象外です

 無料登録はコチラ



マイナビ看護師

 無料登録はコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です