看護師の転職支援金・祝い金がオススメできない3つの理由



看護師専門の転職支援会社の中には、その会社に登録している看護師が紹介した求人で転職した場合に、「転職支援金」(また「お祝い金」)と称してお金をくれる会社もあります。

転職支援会社の登録自体が無料なのに、逆にお金までくれるとあって一部の看護師の間からは好評です。


ですが実は、真剣に転職活動をしたいと考えている看護師にとって、この転職支援金(=祝い金)はオススメできないのです。なぜオススメできないのは、以下で解説します。


転職支援金のある転職サイトがオススメできない3つの理由

では、転職支援金制度のある転職支援会社がなぜオススメできないのか?理由は大きく言って3つあります。

1.条件の良い求人先が見つからない
2.支援金を貰うための条件がハッキリしない
3.貰える金額が大したことない


これだけだと意味が分からないと思うので、以下で詳しく見ていきましょう。

1.条件の良い求人先が見つからない



まず、これがある意味一番大きい理由ですが、転職支援金のある会社を経由すると優良な求人先を見つけられない傾向にあります

なぜか?病院や介護施設・企業など、雇用主が転職支援金のある会社を嫌う傾向にあるためです(その理由は後で説明します)。


病院にしろクリニックにしろ介護施設にしろ、看護師の勤務先ならどこでもそうですが、条件が非常によい求人先もあれば、サラリーマンで言えば「ブラック企業」と呼べるような過酷な職場もあります。

人気の集まりそうな求人先は、支援金のない転職サイトには求人情報を掲載しますが、支援金のない会社の掲載は避ける傾向にあります。


では、転職支援金のある会社にはどんな求人が掲載されているのでしょうか?それは、職場が深刻な人手不足でしかも人気がなく、是が非でも看護師をかき集めたいと考えている求人先です。

当然、看護師として長く働き続けられる環境にはありません。ヒドイところになると、看護師を使い捨ての人材くらいにか考えていない病院もあります。


確かに転職支援金の会社を利用すれば、多少の支援金は貰えるかもしれません。ですが、転職自体に失敗してしまっては元も子もありません。目先のお金に目がくらんで、あとで苦労することがないよう気を付けてください。

2.支援金を貰うための条件がハッキリしない

転職支援金のある会社をオススメできない2つ目の理由は、支援金の給付条件がハッキリしないことが多いためです。詳しい条件は後で取り上げますが、会社によっては給付条件を明示していないところもあります。


たとえばですけど、「転職支援金最大40万円」とうたっていながら、実際にその会社を使って転職したら支援金が3万円しか貰えなかった、なんてこともありえます。

しかも、事前に説明があるならまだしも、支援金の水準や判断基準がよく分からないのです。転職支援金を貰えるのは本来なら嬉しいことのはずなのに、かえってストレスが溜まることにもなりかねません。


貰えるかもらえないか分からない支援金のことでイライラする位なら、初めから支援金のない会社を選択した方が気持ち的に楽です。

3.貰える金額が大したことない

上で見てきた通り、転職支援金のある支援会社を使うことは、看護師の転職活動においても不利です。それでも、「かなりまとまった金額がもらえるなら、しょうがないか」と考える方もいると思います。

ところが、各社が宣伝文句としている金額は「最大」の場合の金額で、額面通りにもらえるとは限らないのです。

宣伝文句 支給条件 支給詳細
看護のお仕事 最大12万円 入職後2か月を経過していること
過去1年支援金をもらっていないこと
管理職(看護師長以上):12万円
常勤:3万円
日勤常勤・パート:1万円
ジョブデポ看護師 最大40万円 入職後3か月を経過していること
(詳細は非公表)
詳細は非公表
看護プロ お祝い金10万円 入職後半年経過していること
アンケートに回答すること
常勤:10万円
日勤常勤:5万円
非常勤:1万円
ナースJJ 最大35万円 入職後3か月と半年で2回に分けて支給
アンケートに回答すること
途中退職した場合は権利を失う
転職後の想定年収とのスライド
年収600万以上で35万円
年収300万以上で5万円
年収300万未満は適用外

上は、大手の看護師転職支援会社のうち、支援金制度を導入している会社の支給金額と支給条件です。この内、最も知名度の高い、看護のお仕事(株式会社レバレジーズ運営)を例に説明します。


看護のお仕事では支援金は最大12万円とされています。12万円という金額はびっくりするほど高額ではないけど、まぁ貰えるなら嬉しいよね、位の金額ですよね。ところがこの支給条件を見ると簡単に貰えないことが分かります。


実は12万円の祝い金が貰えるのは、看護師長以上の管理職級で転職ができた場合です。ご存じの方もいると思いますが看護師長クラスの求人は極めて数が少なく、転職は困難です。

さすがにゼロではないでしょうが、この12万円の支給金を貰える確率はごくわずかです。


では、普通に(夜勤ありの)常勤看護師として転職した場合はいくら貰えるのかというと、たった3万円です。これなら、無理して支援金のある会社を中心に活動する必要もありません。


ただ、看護のお仕事は大手だけあって支給条件をキチンと明記するなど、判断基準がハッキリしています(さらに言うと、上に挙げた4社の中では、看護のお仕事は転職支援に強い会社です)。

よく分からないのはジョブデポ看護師の場合で、支援金は最大40万円とそれなりにインパクトはありますが、どういう条件で支給されるのか公表していません。さすがにこれでは、安心して登録はしづらいでしょう。


以上見てきた通り、転職支援金といっても実際に貰える金額はそれほど多くありません。それで転職活動に不利がないなら問題ないのですが、支援金のある会社ほど優良な求人が少ないのは何度も書いてきた通りです。


ですが、ここで疑問に思った方もいるかもしれません。「なんで、支援金のある会社ほど良い求人が少ないんだろう?」と。以下では、その理由について説明します。

なぜ雇用主は転職支援金を嫌うの?



ところで、看護師の転職活動で失敗しやすい方の特徴ってご存知でしょうか?もちろんいくつかあるのですが、そのうちの一つに「お給料だけを見て転職先を探す人」というのがあります。

「え?お給料を見て転職先を探すのがイケナイことなの?」と思う方もいると思うので、少し詳しく説明します。


もちろん、転職先を探す上でお給料を条件に入れるのは悪いことではありません。看護師だって生活したり家族を養う必要があります。加えて、お給料が高いということは「評価されていること」の意味合いもあります。

転職活動をするのに、転職先の給料を全く見ないという人の方がどうかしてます。


ですが、「給料だけを見て」転職活動をすると失敗する確率が格段に上がります。確かにお給料の良い求人先は、一見良い求人に見えます。ですが、もしかしたら非常に過酷な労働環境なのかもしれません。

職場では、看護師同士のいじめが横行して中途採用者が定着せず、いつも人手不足。それを解消するために、高い給料を設定しているのかもしれません。


また、スキルアップのためとか前の職場の人間関係で嫌気がさして、という方が新しい職場で環境を改善したかったのに、求人先のお給料に目がくらんでしまった場合も要注意です。

元がスキルアップや人間関係が理由で転職をしたのですから、新しい転職先でも馴染めなくなるのは目に見えています。


このように、お給料だけを見て転職活動をする人は失敗する確率が高く、転職先に定着する確率は低いのです。そしてこの傾向を、雇用主側の病院なり施設もよく把握しているのです。

雇う側も看護師には長く働いてもらいと思っているので、上で書いたような「お給料を中心に」求人先を探す看護師を嫌う傾向にあります。


ここまで来て、ようやく転職支援金を雇用主が嫌う理由が見えてきました。転職支援金が好きな看護師は、お金好き=お給料重視の看護師に(雇用する側からは)見えます。

つまり転職支援金を得ようとする看護師は、定着率の悪い看護師に見えてしまい、病院や施設は敬遠する傾向にあるのです。


このため、転職祝い金制度を設定している転職支援会社には人気の求人先ほど求人情報を掲載しない傾向にあるのです。ただ、人気のない求人先はどこからでも看護師をかき集めたいので、なりふり構わずどこでも求人情報を掲載します。

このため、支援金のある会社の求人には「ブラックな」求人が多くなる、というカラクリです。

転職に成功するためには、支援金のない会社を使おう!

上で色々書いてきましたが、要は「転職支援金のある転職サイトは避けましょう」ということです。でも、支援金のない転職サイトといっても色々あります。どこに登録すればいいのでしょうか。以下では、オススメの3サイトを紹介します。

対象地域 詳細 常勤・パート
看護roo! 九州・四国を除く全国 大手の看護師支援会社の中でも、優良求人が最も多い。関東・関西・東海は特に強い
常勤のみ
ナース人材バンク 全国 全国にまんべんなく強い支援会社。地方で転職活動する方は是非利用したい。
常勤のみ
ナースではたらこ 全国 上の2社には負けるが、それなりの求人は揃える。パート案件にも強い。
常勤・パート

上の表にある通り、特にオススメなのは看護roo!とナース人材バンクの2社です。難点としては、看護roo!は九州や四国には対応していないことです。また地方は比較的手薄なので、地方の方はナース人材バンクを中心に活動した方がいいかもしれません。

詳しくは、看護師転職サイトのランキングで紹介していますので併せて参考にしてください。

<看護師転職支援金のまとめ>
  • 看護師転職支援金のある転職サイトは優良求人が少ない
  • 病院など雇用主は転職支援金を嫌う傾向にある
  • 転職活動をするなら転職支援金のないサイトを選ぼう!

 看護師求人うさぎ!~看護師の求人・転職を応援するサイト


看護師の転職サイト、おすすめは?

看護roo!
※九州・四国はサービス対象外です

 無料登録はコチラ



マイナビ看護師

 無料登録はコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です